Back
Featured image of post VRChatを始めて一ヶ月経った

VRChatを始めて一ヶ月経った

VRChat初心者指南

ツイート
この記事は2020年6月23日にはてなブログに掲載した記事を移行に際して加筆修正したものです。

ごあいさつ

 全世界5000兆の仮想現実在住の皆様、こんにちは。万年金欠、イルカの人です。
 実はわたくしイルカの人、(Twitterを見て下さっている方ならご存じでしょうが)先月5月13日にVRCユーザーになっていました。――で、今日はそれから一か月1経ったのでVRCを始める上で覚えておいたほうが良い点、それから始めた後の疑問点やその答えなどについての解説を書いていこうと思います。

はじめに:VRCってどんなもの?

 VRC――VRChatは、VRChat.Incが複数の投資会社やVIVEシリーズの発売元であるHTCの出資を受け開発しているソーシャルVRプラットフォームです。ユーザーはアバターと呼ばれる3Dモデルを自分の「器」として自在に操作し、ほかのユーザーと交流します。交流の場所は同じくユーザーが作りVRC上にアップロードして共有するワールド。Steamでゲームとして配信されていますが、実際にはゲームではなく(ゲーム性のあるワールドもある分にはある)、どちらかというとVRSNSと呼ぶほうが適切な雰囲気です。

Q&A:VRCのあれやこれ

 VRCが気になっている皆さん、 「VRCを始めたいけど、あれが気になって手を付けられない!VRCのこれってどういうこと?」 なんて気になっていること、ありませんか?ありますよね??あるよね???ああ、やっぱりありますかそうですか!それでは、この項ではよくある疑問とその答えについて解説します。

  • Q.VRCってVR機器ないとダメなの?
    A.なくても大丈夫です。というかVRCのためだけにいきなり機材を一式揃えるのはリスキーすぎるので、やめておきましょう。
    VRChatにはちゃんとデスクトップモードが用意されていて、このモードでも手を振ったり絵文字を飛ばしたりできます。基本的にコミュニケーションの手段はこれらEmoteとEmoji、それと音声なので、デスクトップモードでもVRCを楽しむことは可能です。機材を揃えるのはとりあえず雰囲気を見てからでも遅くはないはず。
  • Q.アバターって自分で用意しておかなきゃダメなの?3Dモデリングできないんだけど……
    A.なくても大丈夫です。VRC側でデフォルトのアバターが用意されているだけでなく、有志が作ったアバターが様々なワールドで配布されています。いろんなアバターワールドを巡ってお気に入りのアバターを探してみましょう!
     また、それらのアバターに飽きてしまったとか、イベントや何かで会った人が目から鱗が落ちるくらいに可愛かった、なんてときはBOOTHで「VRC想定」とか「3Dモデル キャラクター」と検索すると美少女や美少年はもちろん、好青年に美壮年、果ては空想生物までたくさんのアバターが出てくるので、気に入ったものを購入してみるのもよいでしょう。2 ただし、後述しますがプレイ開始直後にいきなりアバターのアップロードをすることはできないので、「VRC始めるぞー!」と意気揚々アバターを購入するのはおすすめしません。
  • Q.やっぱりVRCって超つよいPCがないとダメだよね?
    A.なくても大丈夫です。……と言いたいところですが、あまりにも低いスペックのPCでは動きません。またさまざまなVRコンテンツを楽しむ予定のある方は将来性を見据えてハイスペックPCを用意しておかないと泣きを見ることになります。具体的にはグラフィックボードはGTX 10xxシリーズの物が必須です(グラフィックボードって何!?という方は一度そのあたりを勉強しておくといいと思います。というかしないと今後PCを選ぶときに困ります)。あなたのPCがGTX 10xxシリーズのグラフィックボードを積んでいれば、とりあえずVRCを遊ぶことはできます。直近2年以内に「グラフィックボード搭載PC」と銘打って発売されたものをお持ちであれば恐らく大丈夫です。もしも積んでいなければ(そしてあなたが執念深ければ)PCを買うことになりますが、その時はHMDを買ったときのことを考慮してRTX 20xxシリーズ、余裕があればRTX 30xxシリーズを積んだものを買いましょう。

Tips:VRCの世界に出向く前に

 今の皆さんの心境はこんな感じでしょう。「VRCについての疑問は解決したし、VR世界に出てみるか~!」ちょ~っと待ったァ!!ボウヤ、何も知らずに行くと……死ぬぜ。
 ということで、この項ではVRChatを始める前に覚えておくべきことについて記します。

  • 1.一緒に始める友達を作るべし
     一番最初に出した条件でこんなこと書くのもなんですが、正直これが一番大事です。VRCを始めたもののやめてしまった人のブログ記事を読むと大抵「一緒に遊んでくれる人がいないので何をしていいか分からずやめてしまった」という答えが返ってきます。これこそがVRC最大の落とし穴で、普通のゲームと違って公式にプレイの指針や進め方がない(もちろん終わりもない)ので「漠然と遊ぶ」ということができないのです。しかもVRCの常時接続ユーザーの中で日本人が占める割合はわずか4%、数字にして約600人。しかも日本人プレイヤーは海外勢から「エルフ」と呼ばれるほどに自分たちだけでコミュニティを構成して外に出ることが滅多にない(あとアバターのオリジナル率が高くてかわいい)ため、数字どころの話ではないくらい日本人に偶然出会える確率は低いです。ですから(あなたが英語に堪能ならば別ですが)、VRCを始める前に必ず一緒に遊んでくれる人を探しておいてください。例えばTwitterで「#VRChat始めました」というタグで検索してツイートしている人をフォローしてみたりすると比較的簡単に仲間を見つけることができると思います。
    またVRChat内のワールド「[JP]Tutorial World」ではVRChat熟練ユーザーの有志たちが自主的に初心者案内をしているので、どうしてもというときはここを訪ねると問題が快方に向かうかもしれません。
  • 2.VRCアカウントを作成すべし
     VRCはSteamで配信されているため初回起動時に表示されるサインイン作成画面ではSteamアカウントをそのまま使ってプレイを開始することもできますが、これでは後述するトラストシステムの制限に引っかかってしまいます。初回起動時に出るサインイン画面で「VRChat Account」を選択してアカウントを作成するようにしましょう。
  • 3.最初はとにかく夢中になって遊ぶべし
     VRCにはトラストシステムと呼ばれる素晴らしいシステムが備わっています。これはプレイヤーに訪れたワールドの数やフレンドの人数、プレイ時間に応じてVisitor~Trusted Userという複数のランクを割り当てるというもので、これによって荒らしの防止と実際に荒らしが発生した時の被害軽減を図っているのです。登録直後のユーザーにはVisitorというランクが与えられます。荒らし防止のため、まだこの状態ではオリジナルのアバターやワールドをアップロードして使うことはできません。ですから一刻も早くこのVisitorを脱してNewUserにならねばならないわけですが、実はNewUserになるための条件というのは公式に明示されていません。海外コミュニティでの書き込みによると多数のユーザーが「プレイ時間が24時間に達したらNew Userに昇格した」と報告しているほか、わたくしイルカの人もVRCのプレイ時間が24時間に達した瞬間New Userに昇格しました(昇格通知が来たのでSteamを開いたらプレイ時間が24時間になっていた)。
     ――が。 イルカの人と一緒に遊んでいたフレンドの中には16時間でNewUserになったり、果ては9時間で昇格する人まで現れました。おそらくこれは遅れて仲間に加わった人がすでにプレイしていたユーザーから一斉にフレンド申請を受けてフレンドが急増したり、コミュニティ内で各々が行きたいと思うワールドを巡る旅について行って慣れてきたユーザーの案内でたくさんのワールドを訪れたためだと考えられます。
     閑話休題。とにかく、Visitorを脱するにはたくさんのワールドを訪れ、たくさんフレンドを作るのが肝要ということです。そのためには先ほども述べたように何らかのコミュニティに入ったりしてみるのがやはり一番簡単でしょう。

おわりに

 以上で初心者指南はおしまいです。それでは、皆さんもよいバ美肉ライフを!


  1. 一か月と書いていますが、既に半年以上経験を積んだうえで加筆修正しているので、一層安心してご覧ください ↩︎

  2. VRCへのアバター導入にはUnityの知識が少しだけ必要になります。また「DynamicBone」というUnity用のアセットの存在も頭の片隅に置いておいてください。 ↩︎

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
最終更新 Jan 08, 2021 03:30 +0900
comments powered by Disqus
Built with Hugo
Theme Stack designed by Jimmy